-

破産を要請するまでの間は返済者人に対しての電話使用の借金回収と負債のある個人の住所への訪問による収集は法律違反とはならないと考えられています。とりわけ、破産の作業に進んで以降、請求までに時間が費やされてしまった場合には債権者は強引な集金を実行する危険が増えます。債権者サイドからすると返済もせずに、それでいて破産のような法律上の作業もしないという状況であると団体内部で対処をなすことが不可能になるからです。そして、債権保持者の過激派はエキスパートに助けを求めていないとわかったなら非常に厳しい集金行為に出る債権人もいます。司法書士の方あるいは弁護士団体に助力を求めたときには、それぞれの債権保有人は借金した人に対して直接取り立てを行うことが不可能となります。要望を受けた司法書士法人や弁護士の方は案件を請け負ったという意味の郵便を各取り立て企業に送付し、各権利者がその通達を受領したのなら依頼人は債権者からの危険な取り立てから逃れられるということになります。ところで、勤務地や故郷へ訪問しての取り立ては貸金業法のガイドルールで禁止となっています。貸金業として登録してある業者ならば親の自宅へ行く集金は法律に抵触するのを知っているので違法であると伝えれば、そういう返済請求をやり続けることはないと言っていいでしょう。破産に関する申し立て後は、申請者に向かった取り立てを入れて例外なしに集金行為は禁じられます。ゆえに債権者による返済要求行動はなくなることとなります。とはいえ、まれに違反と分かっていて接触してくる取立人もないとは言い切れません。金貸しとして登録している企業ならば自己破産の手続き後の取り立てが借金に関する法律のガイドラインに反するのを理解しているので、その旨を伝えてしまえば、違法な返済要求を維持することはないと言っていいでしょう。けれど闇金と呼ばれる取り立て業者に限ってはこの限りにはならず違法な返済請求が原因の被害者が減らないという現実があります。闇金が業者の中にいるかもしれない場合は弁護士の方または司法書士の方などのエキスパートに助力を求めるようにする方がいいでしょう。