-

任意整理というものは一般に借金の整理とも呼ばれており、それらの貸方への借金の返済を続けることを前もって決めた借金を整理する選択肢です。普通の流れですが司法書士の資格者あるいは弁護士有資格者債権を持つものと債務者の間に立って示談をして法律に照らしながら利息の引き直しを行い一から計算した借りているお金の元金について借入金利を減額する方法で3年ほどの時間をめどに返済を行う債務整理の順序です。任意による整理は裁判所等の公的な機関が関与することはないので別の処理と比べても、手続きを行った場合のデメリットがあまりなく、処理が依頼人にとって最も圧力にならないのでメインとして選択してほしい方法だといえます。また、債権を有する者がサラ金業者のように大変高額な利息だった場合は、法律が許す貸出金利に加えて払い込んだ金利については借金の元金に適用するとして借入元金それそのものを少なくしてしまうことも可能です。サラ金に類する高額な利子を取る業者へある程度の期間返済を続けている場合だと一定のお金をカットできることもありますし10年以上続けて返しているケースだと借金自体がクリアーになることもないとは言えません。任意の整理の有利な点は、自己破産手続きとは違いある部分だけの負債だけを処理することが可能ですので他の連帯保証人が付く借入を別として整理をしていく場合や住宅ローンの分を除いて整理したい際等でも用いることも良いですし、全ての財産を処分する必要がないため、自動車や住宅などの財産を持っているものの、処分してしまいたくない場合にも有力な選択肢になる債務整理の方法といえるでしょう。いっぽう、手続き後返済していく額と現実として可能な所得を検討して、だいたい返済の計画を立てられるようなら任意整理の処理を進めることが可能ですが破産宣告と違って負債そのものが消えてしまうという意味ではありませんので借金の合計が多い状況では実際問題として任意整理の手続きを進めることは容易ではないということになります。