-

日刊紙の宣伝、街中にあるビラやダイレクトメールで、「債務の整理いたします」「多重借金を一本化したいと思ったら」というような売り言葉を閲覧することがあります。それらは、「整理業者」「買取業者」「紹介者」という俗称の企業の嘘広告の場合もあるのです。そういったものを使用した場合は自己破産申し立ての流れの中で免責許可を受けられなくなる危険性もあります。「整理屋」では、ダイレクトメールなどで負債者を呼び出し、相当な代金を要求して債務整理をするのですが債務整理はされず、負債者は借金スパイラルに陥る場合が大方になります。「買取業」の場合、当人のローンで、電化製品、飛行機の利用チケットを多量に買い入れさせて負債人から購入した品を販売額の1割あるいは半額で購入するという手口を使っています。債務者はそのときは金銭が懐に入りますがまもなくクレジット会社による購入物の売値の督促がくることになり、現実には負債額を増やすだけです。カード業者への詐欺であるとされてしまい免責をもらえません。「つなぎ業者」とは、人気の貸金から拒絶された債務者に対し、自分では提供はしないでおいて、貸出をする違う会社を呼んで、常識外の紹介料を受け取る業者です。紹介人は手の込んだ紹介で融通が受けられたかに報告しますが、現実は何もしないまま、種は簡単で審査の甘めの業者を教えているだけです。債務を増加させるだけです。