-

FX初めての方が相場の要を探し出すためにはまず初めに取引を繰り返すことが必要です。

前もってピンチを察知できるようになるには負けをすることも重要です。

失敗するといっても、元に戻せないほど致命的な負けをしてはいけません。

取り戻せるほどの損を数度積み重ねることが結果的に己の経験値を高めてくれるはずだ。

こう考えるとまずは小さな額で売買を行いそれで幾度か小さめのマイナスを経験することを推奨します。

例えとして、100万円しか資金がない場合いきなり100万円を一円も残さないで投資して売り買いすると失敗した時永遠に再起できなくなってしまう恐れがあります。

それより、仮に10分の1ずつ小分けして売り買いして、それによって失敗や成功を重ねた方が、ミスを補う術なども覚えるはずです。

最初にわずかな額でトレードする事の利点は、先に言及したように、自分自身の経験を増やし、間違いをコントロールする技術を学習していく事にありますが一緒に、売り買いの回数を多くして偶然性を減らす事ができるというメリットもある。

一例として、1度だけの売買で利益を上げられる可能性が50%だと考えます。

この場合、同じ確率で損するリスクもあります。

勝率5割ということは。

二分の一の率で勝利できる事を表現しています。

だが、全部の資金を賭けてただ1回の売買をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになります。

これではただの賭博と同じです。

結局のところ、全ての投資資金を賭けて1度だけしか勝負しないとこの分だけマイナスになる率が高まります。

だから、お金を全額つぎ込むのではなく少額ずつ分けて機会を重ねる事が危険性を減らす事になります。

だからといって数回に分けたとしても、全てのトレードで稼ぐ必要はない。

正確に言うと、勝てないのが現実です。

売買で必要なのは勝利回数ではなく、どれほど利益を出すかです。

勝率5割でもそれ以下でも利益を上げる事が出来ます。

負ける確率が高くても損失がわずかならば、少ない勝利のプラスの大きさだけで十分に利益を上げられます。

そのために必要な事は、損を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。

損益が出たらすぐにロスカットして逆に勝てる場合には大きく儲けることが、FX投資初心者が外為取引で勝利するための秘訣です。

Category

リンク