-

この任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは違い、自賠責保険だけでは補いきれない部分の補償が可能になるより充実した保険です。

この任意保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険という役割で働きますので、自賠責保険でカバーできる支払い限度額を上回ったときに働きます。

さらに、自賠責保険では対物損害に関しては保証されていないので物的損害をカバーするのであれば任意保険に入ることが望ましいです。

今現在任意保険の保険料を納付済みのクルマを処分する際は日本の車とか海外の車ということは関係なく残存金額が返金されます。

日本の車を廃車にする場合も同じです。

自賠責保険は、一般的には入ったままにしておくのが通例ですが任意保険の場合、全ての人が入る保険ではありませんので、キャンセルということになります。

それで、契約解除後は、現時点で 払っている残存金額が返還されることになります。

中古車売買が成立したと言っても即任意保険を解除するという選択肢はリスクが高いです。

当然、即中途解約してしまえばその分還付される額は増加しますが、車専門店が遠くにあるため自ら運転していくような際は保険なしで車の運転をする必要があります。

緊急事態を考慮して万が一にもこれから自分が運転をすることはないという状況になるまでは任意保険の中途解約はしないようにしましょう。

所有車を引き取ってもらって即他の車両に買い換える場合ならば良いと思いますがもし長い間車に乗らないような状況が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない時があると、以前に加入していた時の任意保険の等級が下がり保険料の金額が上がってしまいます。

このケースは「中断証明書」という書類を出してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」があれば10年までは無保険になる前の任意保険の等級を引き継いで加入することが可能です。

さらに、13ヶ月以内でしたら出してもらうことが可能ですので、もしも今現在で中古車を手放していて「中断証明書」というものを出されてもらっていないのでしたら、保険の提供元や任意保険の代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。

もしも新たに車を買って買ったのちに以前持っていたクルマを処分依頼するのでしたら任意保険の加入はどちらか一方のみの契約になってしまします。

保険の切り替えという対応ですから運転をする予定の所有車でしたら売却まで注意しなければなりません。

さらに任意保険は車の種類で価格がだいぶ違ってきますから、売却のさいは任意保険を見直してみる良い機会なのです。

Category

リンク